街ネタものづくり教室のサイトを更新しました。
運営サポーター募集 | つくば小田城跡で見る星空観察会

2018年に廃校になった筑波地区の2つの中学校に、整備すればまだ十分に使える天体望遠鏡が残されています。
この望遠鏡を誰もが使えるように整備したい!

そのプロジェクトの最初の企画、星空観察会の骨格がいよいよ決まりました。
開催地は宝篋山の麓、戦国武将小田氏の居城であった小田城跡です。

秋も深まる10月27日日曜日、みなさんも星空を見る楽しさを伝える企画にサポーターとして参加しませんか?

詳細はこちら

教えたくない技術者

プロジェクト ものづくり

教えたくない技術者とは

先日ある記者の方が取材に来られて、
「技術者の中には技術を教えたくない人がいると思います。教えたいという人と何が違いますか?」
とお尋ねになりました。

その場ではあまり良い答えができなくて、(スミマセン!)
その後もつらつら考えていました。

会社の外の暮らしのために

会社員一般に言えることですが、
体が動かない人は「役割を与えられる」のをひたすら待つことが多いと思います。

学校でも会社でも「いま、あなたのやることはこれ」と言われ、はみ出すと時に怒られましたから。
教えたくないのではなく、一歩が踏み出せない。

加えて会社員は、会社の中での自分の価値しか知らないので、外に出てそれを確かめることに気後れします。
学校では高い点数、会社では高い売上が良いこと、とされます。

では会社の外では?
自分のビジョン(100点)やものさし(テスト)は自分で創らねばなりません。

小さな自分らしさを確かめる

竹遊びイベントの時、「いろいろ考えているよりやってみた方が早いんだねぇ」とおっしゃった方がいます。
きっと世界が開けたでしょうね。

小さな目標をたててはみ出してみることをオススメします。
「やっていいんだ!」という感覚は、
ビジョンを創る力(セルフプロデュース力)の第一歩です。
自分らしい生き方に踏み出しませんか?

コメントをどうぞ